Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
Bürkert - あなたの近くに
オフィス /1
    • 日本法人
      ビュルケルトジャパン株式会社
      〒 112-0005
      東京都文京区水道
      1-12-15 白鳥橋三笠ビル
      電話 +81 35804 5020
      Eメール vasb.wca@ohexreg.pbz
      Website http://www.burkert.jp/
  • 日本法人
  • 本社
  • Systemhaus
  • 販売業者
  • オフィス
  • プラント
  • ロジスティックセンター
bürkert
 

Cookies must be enabled to use this function. Please accept cookie privacy policy first.

2006 ヒット

空気圧駆動

Type 0262
  • 無通電状態で閉または開
  • 本体材質:真鍮、ステンレススチール
  • ダブルスピンドルシーリング
  • コンパクト構造

Type 0263
  • 静止位置で閉または開
  • ハウジング材:真鍮、ステンレス鋼
  • 駆動部からダイアフラムを通る媒体の密閉式分離
  • コンパクトな構造形状

Type 2030
  • 腐食性流体向けに樹脂製バルブボディ(弁箱)を採用
  • 軽量&コンパクトで配管にかかる負担を軽減し現場作業者の安全にも配慮
  • コントロールバルブをご検討の際にはType2103をご確認ください

Type 2031
  • 軽量&コンパクトで配管にかかる負担を軽減し現場作業者の安全にも配慮
  • 樹脂製弁箱のダイヤフラムもラインナップ(Type2030を参照ください)
  • コントロールバルブをご検討の際にはType2103をご確認ください

Type 2032
  • デッドスペースが無いT字バルブ(ダイヤフラムバルブ)
  • 弁箱はステンレススチール鍛造ブロックを削り出し作成
  • FDA / 3A 対応製品もラインナップ

Type 2033
  • デッドスペースが極力少なく液抜けの良い弁箱設計
  • 弁箱はステンレススチール鍛造ブロックを削り出し作成
  • 弁箱をタンクから取り外すことなくダイヤフラムとアクチュエータの交換が可能
  • FDA / 3A 対応製品もラインナップ

Type 2034
  • 最小死容積
  • ダイヤフラムによるアクチュエータからの媒体気密分離
  • オートメーションユニットにELEMENTを容易に統合
  • 可変のブロック/溶接本体
  • FDA / 3Aの品質認証

Type 2063
  • フローに有利なデザインで、無駄な空間の無い鋳造または鍛造ステンレススチールハウジング
  • 様々な素材のダイヤフラムによるメディアの隔離
  • 実績のあるコンポーネントによる長い耐用期間
  • 要件の厳しい環境に対応するステンレススチール製駆動部
  • ストロークリミッターとフィードバック装置を備えた幅広い付属品ラインナップをご利用いただけます

Type 2103
  • 初期調整はワンタッチ&高いメンテナンス性により現場の負担を軽減
  • 軽量&コンパクトで配管にかかる負担を軽減し現場作業者の安全にも配慮
  • 電空プロセスコントローラType8693と組合せれば、スムーズな流量制御をダイヤフラムバルブで実現
  • ATEX、IECEx防爆に加え、日本(TIIS)の防爆も取得

Type 2104

Type 2105
  • 溶接シームなしの無死容積本体
  • ダイヤフラムによるアクチュエータからの媒体気密分離
  • オートメーションユニットにELEMENTを容易に統合
  • クランプコネクタまたは溶接コネクタ付きステンレススチールブロック本体
  • FDA / 3Aの品質認証

Type 3230
  • コントロール機能を改造可能
  • 侵食性媒体での使用
  • スリーブ本体モデル
  • コンパクト構造

Type 8801

マイ比較リスト