Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する
Bürkert - あなたの近くに
オフィス /1
    • 日本法人
      ビュルケルトジャパン株式会社
      〒 112-0005
      東京都文京区水道
      1-12-15 白鳥橋三笠ビル
      電話 +81 35804 5020
      Eメール vasb.wca@ohexreg.pbz
      ウェブサイト https://www.burkert.jp/
  • 日本法人
  • 本社
  • Systemhaus
  • 販売業者
  • オフィス
  • プラント
  • ロジスティックセンター
bürkert
 

サーボ制御ピストン付きソレノイド

この原理もプランジャ型のソレノイドをパイロットバルブとして用いますが、メインバルブ機能はピストンの働きによるものです。このバルブ(例:Types 5404、6221)が機能するのは、流体が供給源Pからピストンの制御穴、あるいはメインバルブのバイパス流路を通って流れることができるからです。パイロットバルブの電流を切ってピストンの上のチャンバを閉鎖すると、そこに流体システム圧力が集まり、ピストンは同時にバルブシールを形成しながら、メインバルブのバルブシートを閉鎖します。

流体圧力は出口Aから排出できると想定されています。入口と出口の間に差圧がある限り、ピストン上の閉鎖力によりメインバルブは閉鎖したままです。パイロットバルブが作動すると、ピストンの上にあるチャンバの圧力を下げることができます。流体システム圧力によりピストンの下部にかかる力は、ピストンの上部に働く力より強く、ピストンを持ち上げ、メインバルブを開きます。この設計に基づいて動作するサーボ制御ソレノイドバルブは、適切な開閉のために最小差圧が必要となります。一方、ソレノイドコアとピストン(例:Type 407)の組み合わせ(強制バルブリフト)は、スイッチングに差圧を必要としません。サーボ制御ピストン作動バルブは、主に高圧力の気体用アプリケーションに用いられ、最高で180°Cの蒸気を排出します。

長所:

  • ダイヤフラム使用のサーボ制御ソレノイドバルブより強度が高い
  • 圧力範囲が高い
  • 気体、蒸気に適している

   

サーボ制御2/2方弁ソレノイドバルブ。通常はピストンにより閉鎖。左手のバルブは閉鎖、右手は開放。

マイ比較リスト