Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する
bürkert
 

インパルスコイル

インパルスコイルでは、スイッチング用吸引巻線に短い電流パルスを流すことしか必要としません。

電流が流れている間、ソレノイドコアが励磁し、内蔵された永久磁石によって保たれます。コイルに組み込まれた放散用の二次巻線から対向する力が生じ、コアは再び消磁します。スイッチポジションを保つのに、電力を必要としません。ビュルケルト社は、プランジャ型と回転アーマチュア型のコイルと同じ設計のインパルスコイルを提供しています。これらのコイルは「ゼロワットコイル」とも呼ばれ、特別なアプリケーションに利用されます。

代表的な用途:

  • バッテリーサプライから制御する場合
  • コイル加熱が適切でない場合、あるいは流体に加える熱がない場合
  • 停電時もスイッチングポジションを維持したい場合
  • パルス制御スイッチングシステム

マイ比較リスト