あなたの流体の課題

きちんと濾過したいですか?

私たちと一緒に取り組みましょう。»

Bürkert - Close to you
Office /1
    • Main Office
      Burkert Japan Ltd.
      Shiratoribashi Mikasa-building
      1-12-15 Suido, Bunkyo-ku,
      Tokyo 112-0005
      電話番号 +81 35804 5020
      Fax +81 35804 5021
      E-Mail vasb.wca@ohexreg.pbz
      Website http://www.burkert.jp/
  • Main Office
  • Headquarters
  • Systemhaus
  • Distributor
  • Office
  • Plant
  • Logistic center
bürkert
 

濾過

流体を分離または浄化する上でどのような工程を採用するのであっても、ビュルケルトはお客様に純粋な成果物を必ず提供いたします。その際に、腐食性液体を使用するのかは、問題になりません。大量であっても少量であっても、当社はお客様の媒体を精密に濾過します。

流れるものはすべてビュルケルト魅了する

と言うのは、産業界の共通テーマは測定、計量混合、濾過、制御、調整、調節といった流体のあらゆる取り扱いに及ぶためです。そのため、ビュルケルトはお客様の流体に関する課題を手始めに、物理的基本原理を用いてこれらの課題を克服しています。当社は流体動力に関する専門技能とこれに調和したサービスポートフォリオで、顧客にとって最適な、産業の境界を超えたソリューションを常に提供しています。

その他に:当社のソレノイドバルブプロセスバルブ、制御バルブおよび電動駆動式バルブは、流体のどんな課題も支援することができます。

濾過に関して、当社がベストソシューションを提供している理由

充填密度の最適化による低投資コストと低所要スペース

多様な膜直径を用いて、アクティブな膜面積を当社の濾過モジュール内で最適化することができます。モジュール当たりの膜面積が大きければ大きいほど、それだけ購入すべきモジュールの数が少なくなります。このことは、濾過設備全体の観点からも、所要スペースが小さくなることを意味しています。

常に高い透過液量を通じたプロセス安全性

常に高い透過液量は、プロセスが確実に安定して実行されるよう配慮します。当社の濾過モジュールは、透過液量の変動を最小限に抑えることで、予定した浄化サイクルの間隔を大幅に延長できるよう構成されています。

現場でのサービスと技術サポートを通じた、高度な設備可用性と迅速なセットアップ

私たちは、当社の濾過モジュールの用途につて、顧客に包括的にご助言いたします。その際に特に重要な点は、全プロセスがどのように実行されるかを幅広く把握いただくことです。当社の目的は、設備の可用性が高まり、お客様のプロセスが確実に実行されるよう、 モジュールを選択することです。もちろん、当社はモジュール自体の他にも総合的にサポートを提供します。例えば、具体的な技術設計(油圧系統、配管、ポンプなど)に関する専門家の助言によって、現場で、あるいは事前にセットアップする場合などです。

多数の濾過モジュールを即座に利用できることで、応答時間を短縮

特に設備全体のダウンタイムという点で、濾過モジュールをすぐに調達しなければならないことがしばしばあります。在庫を抱えた当社の標準MBR製品は、即座に利用することができます。そのため、柔軟かつ迅速にお客様のご要望にお応えできます。

お問い合わせフォーム 販売

Contact us...

My Comparison List