Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する
contact bubble
個々のソリューション

個別ソリューションを当社と共同で開発し、実現化されたいですか?

 コンサルティング

 Eメール

Bürkert - あなたの近くに
オフィス /1
    • 日本法人
      ビュルケルトジャパン株式会社
      〒 112-0005
      東京都文京区水道
      1-12-15 白鳥橋三笠ビル
      電話 +81 35804 5020
      Eメール vasb.wca@ohexreg.pbz
      ウェブサイト https://www.burkert.jp/
  • 日本法人
  • 本社
  • Systemhaus
  • 販売業者
  • オフィス
  • プラント
  • ロジスティックセンター
bürkert
 

容積注入

連続注入用途のためのソリューション

本製品のメリット

  • 高い再現性
  • 精密な管理
  • 変更可能な容積流
  • 高い注入速度

容積注入において、ポンプのリフトごとに一定の容積が放出されます。この容積は変更できませんが、総注入量はポンプストローク数によって変更することができます。この原理は特に連続注入用途に適しています。薬剤投与や飲料充填など注入速度が重要となるあらゆる場面において、この原理は理想的です。

当社は各用途に適したバルブを提供するだけでなく、この注入原理を当社製品、マイクロポンプにも採用しています。これは圧力および真空を利用するか、内蔵の電磁バルブで操作します。
当社のマイクロポンプはそのコンパクトな製品の中に注入原理をすべて取り込んでいます。この製品は高度な注入精度が要求される数多くの用途において使用され、高い正確性と信頼性によりプロセスをサポートします。

Volumetric Dosing

この原理を利用する機会とは?

容積注入を用いたプロセスの例

  • 飲料充填
  • 接着剤および潤滑剤の注入
  • 薬剤投与

 

容積注入のための製品

Type 7604

連続吐出用マイクロダイヤフラムポンプ

Type 7604
  • 自吸式
  • ほぼ無脈動
  • 連続吐出用
  • ダイヤフラムポンプ

Type 7615

マイクロドージングユニット

Type 7615
  • 流量: 5μL/ストローク、最大8mL/min
  • 本体材質: PEEK
  • シート材質: FFKM / EPDM
  • 吐出精度: ±3.5% 以下
  • 電圧: DC12V, DC24V

 

その他の注入原理:

注入ポンプ原理:精密ドージングのためのマイクロバルブ注入ポンプ原理:精密ドージングのためのマイクロバルブ

実験室機器では多種類の液体を最少量で正確にドージングする必要があります。というのも誤りのない検査結果を得るためには混合や汚染が生じてはならないためです。どのバルブソリューションが対応しているかについては、本章をご参照ください。

精密な試薬ドージングと保護:圧力/時間注入精密な試薬ドージングと保護:圧力/時間注入

実験室での試料処理能力を向上させながら、同時に確実なプロセスを保証するにはどうしたらよいでしょうか。圧力/時間注入では、試料および試薬を精密にドージングしながら、熱注入を防ぎます。

マイ比較リスト