Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する

交流用ソレノイドコイル

ACソレノイドの機能原理

ACコイルの場合、電流は巻線のオーム抵抗だけでなく、誘導抵抗(リアクタンス)の影響も受けます。誘導抵抗は、ソレノイドコアの位置に大きな影響を受けます。ソレノイドコアが下がると、誘導抵抗が小さくなり、コイル電流は大きくなります。このように、電流は待機時よりも吸引時のほうが大きくなります。同じ電圧がかかった場合、DCコイルに比べ、コイル抵抗がはるかに小さくなります。したがって、AC電圧で動作する場合、ソレノイドコアなしに行うべきではありません。なぜなら、コイルがオーバーヒートし、数分後に燃えてしまう危険性があるからです。