Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する

WhisperValve タイプ 6757—高流量または最大16 barの圧力下でのアプリケーションに最適

16 barの圧力に耐え、エネルギー効率に優れた媒体分離型フリッパーバルブをお探しですか?18 mmというコンパクトな設計でありながら、大流量を実現できるバルブをお探しではありませんか?WhisperValve タイプ 6757が解決いたします。

WhisperValve タイプ 6757は、液体や気体の計量・混合・分配を行うバルブです。この媒体分離型2/2ウェイおよび3/2ウェイの開/閉バルブは、分析技術、医療技術、実験技術向けに設計されています。フリッパーバルブの原理を採用したWhisperValveは、このような用途における過酷な状況でも、耐久性に優れ、ほぼ無音(~45 dB)で切り替えを行い、最大16 barの圧力に確実に耐えることができます。

従来のバルブと比較すると、タイプ 6757 は4.5ワットという低消費電力が最大の特長です。WhisperValve シリーズの他のバルブと同様に、タイプ 6757 はローレンツ力の物理的原理に基づいています。

ローレンツ力駆動の仕組みについて

永久磁石は、一定の磁場を発生させます。バルブハウジング内の電磁コイルは磁場内で動きます。これにより、ダイヤフラムを動かす一定の力が生じます。

実績のあるフリッパーバルブ原理との組み合わせることで、高速な切替時間を実現します。また、ダイヤフラムは特に省資源なものであり、なおかつ低摩耗で動かすことができるため、耐用年数が長いという特長を持っています。

さまざまな用途に最適です

医療分野における洗浄・消毒プロセス

医療器具は、洗浄、清掃、消毒、滅菌を行う必要があります。透析装置や、内視鏡の洗浄といった医療用滅菌・消毒装置に使用されるバルブは、最高で90 °Cにも達する洗浄サイクルに対する耐性が必要です。タイプ 6757は、このようなサイクルを決められた期間にわたって実行できるように設計されています。さらに、タイプ 6757はコンパクトなデザインでありながら、DNは1.4~4 mmとなっています。これにより、最大0.425 m³/h(QNn: 440 l/min)のKv値が実現でき、プロセスがより効率的になります。

分析技術およびラボでの使用

媒体分離、最大16 barの圧力範囲、使用材料の耐薬品性により、WhisperValveは分析技術およびラボでの使用にも最適です。

たとえば、フラッシュクロマトグラフィーでは、このバルブを使用することで流量を上げることができ、クロマトグラフィーカラムの分離性能を向上させることができます。分析技術や医療分野だけでなく、タイプ 6757はその優れた切替時間から、香料の添加のような圧力時間によるドージングを行う用途にも適しています。

 

Type 6757

媒体分離方式2/2または3/2ウェイホイスパーバルブ

Type 6757
  • わずかなノイズ発生 < 45 dB(A) で非常に迅速な切替
  • 定格幅DN1,6 mmで最大20バールまでの大きな圧力範囲
  • 最高度の化学的耐性
  • 18 mm構成幅のコンパクト設計
  • 高い背圧密度

製品のメリット

✓ わずか4.5ワットという低消費電力による高いエネルギー効率
✓ 切替時間7ミリ秒の高速切替バルブ(ISO 12238:2001準拠)
✓ 最高90 °Cまでの洗浄サイクルに対応
✓ 16 barまでの圧力範囲に最適
✓ 高流量—最大0.425 m³/hのKv値を実現