Eメールでリンクを共有する
必要なフィールドのすべてが満たされている
eメールを送信する

タイプ 2852:新型圧力補償機能付き2ウェイ比例バルブ

このバルブが医療またはラボ用途向け機器に特に適している理由をご覧ください。 

Type 2852 on grey background

分析機器や医療機器への統合に最適

特に医療およびラボ用途では、サイズに応じて高い作動圧力に切り替え、高流量を実現し、損失をほとんど発生させないコンパクトなバルブが求められます。圧力補償機能付き比例バルブ タイプ 2852は、これらすべての機能を1つの機器に融合します。

タイプ 2852 は、バルブ入口で最大7 bar(ü)の動作圧力で使用でき、高い調整範囲 (>1:500)を備えています。同時に、比例バルブはkvs値=0.2 m³/hを実現します。

コンパクトなバルブ設計:スペースの限られた用途に最適 

幅わずか16 mmの省スペース設計のバルブは、主に設置容積の小さな機器への組み込みが可能です。このため、このバルブは、例えば呼吸・麻酔関連機器吸入機器に特に適しています。

追加の安全機能

停電まは過剰な圧力が発生した場合にはた、タイプ 2852 比例バルブは自動的に閉じられます。そのため、追加の安全バルブは不要となります。 

タイプ 2852は、発熱が非常に少ない点も特徴です。これにより、プロセス流体やその他のコンポーネントが熱の影響を受けることがありません。

比例バルブ タイプ 2852 を選ぶべき理由 — 利点の一覧

✓ 高流量および高作動圧力
✓ 幅16 mmの省スペース設計
✓ 追加の安全バルブは不要

Type 2852

2-way proportional valve with pressure compensation

Type 2852
  • Excellent span
  • Very compact design for easy use in electronic devices
  • Flange and plug-in connection for integration into valve manifolds
  • Reduced power consumption
  • Operating pressure up to 7 bar(g)

 

FKM シールを備えたステンレス製圧力補償機能付き比例バルブ タイプ 2852は、直流動作電圧12 Vまたは24 Vで使用可能です。編組、プラグ、ピンなどの電気接続部を備えたフランジ バージョンとカートリッジ バージョンの両方が注文可能です。